FC2ブログ

CALENDAR

05 | 2017/03 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

PROFIEL

    xx_kira_xx
    NAME:xx_kira_xx

    ★当ブログはアダルトカテゴリに属
     します。18歳未満の方の閲覧は
     ご遠慮ください。
    ★リンクはフリーとなっております。
    ★このブログの全てのコンテンツの
     無断複製・無断使用・無断転載
     などはご遠慮ください。
    ★相互リンク自粛中です(汗)
    ★メールはこちらからどうぞ。

    ADMIN : RSS

SPECIAL

【Thanks a lot!】
ご紹介ありがとうございます♪
着エロイストBLOG
エログ13
ちょっとエッチなブログめぐり
女性の足画像
素敵な♪エログ捜索隊
エッチな女性が書いたblog
エッチな女の子たちのブログ
女の子のエッチなブログ
EROGGER!
エログだヨ!全員集合

【Collaborations!】
参加コラボ一覧
バナークリックで記事へジャンプ♪
by B面

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by EGG*
※バナーは前年のものです

by Octopus Garden

by Cute*

by Baby Doll Baby

by sweetdays
Octopus Garden

by 日刊エログ

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

QR code

QRコード

COUNTER

ENTRY

COMMENT

TRACKBACK

CATEGORY

LINKS

このブログをリンクに追加する

ARCHIVE


§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

§ とけそ。のこと

 梅雨が明けたのはいいけど、、、暑すぎる。
 ちょっと本気で溶けちゃいそうなこの頃。
 
 皆さま、いかがお過ごしですかーヾ(゚ω゚)ノ゛

 あまりに久しぶりすぎて
 写真の加工&アップ程度にアホほど時間かかりました(汗)
 


 連休でちょっと押入れの片付けしてたら出てきた白いブツ。
 おっきすぎてごにょるのには使えず、、、放置してたのすら忘れ去ってましたヾ(´ε`*)ゝ
 
 せっかくなので、ぺろっとむにっとしてみました。
 携帯で撮ったので画質はめっさ悪いですけど、まぁ気にしないw
 若干音聞こえるかな?視聴時の環境にはご注意くださいm(。・ε・。)m

more...



 

 

 暗いし短いしちょっと微妙ですけど(;´▽`A``
 なにかのお役に立てたら幸いです♡ ←なにかってなにww

 久しぶりどころか、年一回かよっ!!
 、、、とまぁ、我ながら笑っちゃう更新頻度ですけど、放置してる間に5周年☆
 動きもないのに覗いてくれる方がいること
 非常に申し訳ないですが、ありがたくもあります(´∀`*)

 また気が向いたときに、何かアップする、、、と思う。たぶんww
 ↑更新頻度を上げようとかは思ってn(略
 
 これから夏本番。暑さもますます厳しくなると思いますが
 皆さま、どうぞご自愛くださいね♪

§ 発情。のこと

 動画とか漫画とか小説とか妄想とか、、、
 今日はやけにえっちぃ気分で、ずーっとひとり遊び。

 壁に寄りかかって大きく脚を開くと、
 誰が見てるわけでもないのに恥ずかしくて
 何もしてなくても奥から溢れてくるのがわかる。
 上から下に、下から上に、、、
 往復してるだけの指先に絡まる液体は量を増し
 窓を開け放した部屋に、外からの雑音に混ざって水音が鳴る。

指で、ローターで、昇りつめる一歩手前で動きを止めて、鎮まってきたらまた火をつけて。
やらしい液体を乳首やクリトリスに撫で付けて、ほんとに優しく、物足りないくらいに刺激する。
焦らして 焦らして 焦らして
自然に早くなってしまう動きを、意識して弱めたりした。

しばらくそうして、ゆるい刺激を味わってると、だんだん我慢できなくなってきて。
鎮まったはずのカラダは、ちょっとの刺激ですぐに熱を取り戻し
溢れる液体はそこに留まっていられずに、お尻のほうまで垂れていく。
焦がれて 焦がれて 焦がれて
もっと強い刺激が、もっと大きな快感が欲しくなって。

ぐずぐずに濡れたそこに沈んで継続的な振動を送るローター。
ときどき爪を立てながら摘むように乳首を弄る左手。
二本の指でそこを広げ、濡れた中指でくるくると円を描く右手。

我慢しないって思ったら、あっという間に昇りつめた。
カラダを大きく震わせながら、声を殺して。
何回も何回もイッた。


あれだけたくさんしたのに。
今、、、この文章を書きながら、アタシはまた濡らしてる。

§ 悪戯な左手。のこと

「おっぱい触っていい?」

それまでの会話の流れも、運転中だってこともお構いなしに、
いきなりそんなこと言うから思わず笑っちゃった。
アタシの返事を待たずに動き出した大きな手は
首筋をなぞりながら服の中に入り込んでくる。

「ちょ、や、、こらぁ、、、んっ、、、」

服の上から触るんだとばかり思ってたアタシは、予想外の動きに抵抗しながらも、
その手の冷たさと、ツツッと乳首を撫でる刺激にぴくんと反応してしまった。

動きを止めようと抑えたつもりが、逆に自分の胸に相手の手を押し付けるような格好に。
片手でハンドルを握ったまま、アタシの手に押さえつけられてるのに器用に動く左手。
指先でカリカリと引掻くように乳首を刺激してくる。

「んっ、、、あぶなっ、、い、、かっらぁ、、」

「ん?大丈夫だよ?スピード落としてるしw」

抗議の声も全然気にしなくて、むしろなんか楽しんでいるみたいに笑う。

more...

手の動きは休むことなく、優しい刺激を送り続けてる。
手のひらで乳首を刺激しながら、ぐりぐり揉みこまれる。

「ぁ、、、んぅ、、、、、」

動きを抑えるはずの自分の手は、気付いたら役割を果たしてなくて
逆に服を隔てて動く左手を、胸に押し付けるように握り締めてた。

「どしたー?乳首、硬くなってるよ?w」

普通のトーンで話す声。でも、確実にイジワルな響きが混ざってる。
悔しいし恥ずかしいし、、、でも言われてることは事実だし。顔が熱くなる。
赤くなってる顔を見られるのが嫌で、うつむいたまま声を出さないように耐える。

けど、、、カラダはアタシの意に反してぴくぴくと震える。
声を我慢してる分、気持ちよさは倍増するみたいで、だんだんカラダまで熱くなってくる。


「んっ、、あっぁぁぁ、、、、、、」

ぎゅーっと乳首を抓られる。突然訪れたそれまでと違う強い刺激。
我慢できなくて、思わず大きい声が漏れた。抑える手に力が入る。

イタイ  キモチイイ  イタイ  キモチイイ

どっちなのか訳分かんなくなってきて、いやいやしても離してくれない。
アタシの反応を楽しむように加減を変えて抓られる。

「やぁっ、、、、それ、、、やっ、、だぁ、、、」

「そう?気持ちよさそうだよ?w」

「だっ、、、いた、、い、、、も、、、んんっ」

「そっか。痛いのも気持ちいいのかぁw」

「ちが、、、ぅ、、んぁっ、、、」

「んー、そうは見えないけどなぁ。 ま、そういうことにしとくかw」

優しくひと撫でして、服の中から手が抜かれる。
最後の刺激にぴくんと反応したアタシの頭をくしゃっと撫でて、
続きは帰ってからって、満足そうに笑ってた。

そのあとしばらくしても、乳首はジンジンと脈打ったまま。
イタキモチイイ余韻にひたりながら、どんな仕返しをしてやろうか考えてたアタシなのですw

§ お世話になります。のこと

妹に発情して、お仕置きという名目で迫ってくる
学校なのに、スカートに潜ってやらしいことする先輩
玩具を片手に、気遣いながらも激しく責めてくる先生

眠気でゆるゆるした頭に入ってくる文章は、次々に映像になって
アタシを似たような状況に落としていく。
妄想する相手が違っても、言葉が違っても、場所が違っても、、、
その中のアタシは、ささやかな抵抗をしながら、快感に酔いしれる。
描かれてないその先を、自分で作りながら蕩けていく。
変わっていく状況。変わっていく相手。変わっていくアタシ。
とろとろになって、くたくたになって、眠りにつこう。

HOMENEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。