FC2ブログ

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFIEL

    xx_kira_xx
    NAME:xx_kira_xx

    ★当ブログはアダルトカテゴリに属
     します。18歳未満の方の閲覧は
     ご遠慮ください。
    ★リンクはフリーとなっております。
    ★このブログの全てのコンテンツの
     無断複製・無断使用・無断転載
     などはご遠慮ください。
    ★相互リンク自粛中です(汗)
    ★メールはこちらからどうぞ。

    ADMIN : RSS

SPECIAL

【Thanks a lot!】
ご紹介ありがとうございます♪
着エロイストBLOG
エログ13
ちょっとエッチなブログめぐり
女性の足画像
素敵な♪エログ捜索隊
エッチな女性が書いたblog
エッチな女の子たちのブログ
女の子のエッチなブログ
EROGGER!
エログだヨ!全員集合

【Collaborations!】
参加コラボ一覧
バナークリックで記事へジャンプ♪
by B面

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by EGG*
※バナーは前年のものです

by Octopus Garden

by Cute*

by Baby Doll Baby

by sweetdays
Octopus Garden

by 日刊エログ

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

by 着エロイストBLOG

QR code

QRコード

COUNTER

ENTRY

COMMENT

TRACKBACK

CATEGORY

LINKS

このブログをリンクに追加する

ARCHIVE


§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

§ 寝物語にえろ話。のこと

こんくらいの時間なら、丁度いいんじゃないかなぁ?なんて(笑)
最後、長いです(汗)


ぐちゅ、、、ぐちゅ、、、、やらしい音が一層激しくなる。
キモチいいとこ何度も指でぐりぐりされて、カラダが跳ねる。

「あぁっ・・・・・・そ、それいいっ・・・・もっとぉ・・・・・・・やあぁんっ」

もうちょっとのトコで指、抜かれちゃった。
「・・・っは・・・・はあぁ・・・はぁ・・」

「ほら、これ。ちゃんと見て」

顔、自分のほうに向かせると、目の前にかざす。
さっきまでアタシの中にいたその指は、うっすら輝いてて。
唇をなぞるように差し出された指を、自分のクチで綺麗にしていく。

ちゅぱっ、、、れろ、、、、
満足そうに見つめるあなたの視線を感じながら、2本一緒に咥え込む。
クチの中に自分の味が広がる。うん、美味しくは、ない(笑)
大きな手を両手で支えながら、指の間に舌を這わせる。
あなたのモノにするように、横から唇で挟んでみたり、強く吸ってみたり。


空いてるほうの手で器用に準備を済ませると、アタシを抱き起こす。
横になったあなたにまたがり、後ろ手で熱い塊を何度かしごいたあと
ゆっくりゆっくり腰を落としていく。

「んっ・・・・あぁぁ・・・・・」

ずぶずぶに濡れたソコは、大した抵抗もなくあなたのを飲み込んで、アタシの中がいっぱいになる。
待ち望んでいた圧迫感に、カラダを震わせながら重なるようにしがみつく。
アタシが落ち着くのを待ってから、腕をぺちぺち。

「手、後ろについて」

「・・・ん」

上体を起こし、あなたの腿に手をやる。
擦るように腰を動かしながら、より深く飲み込んだソレを味わう。
胸を突き出すような格好を恥ずかしく思いながらも、動きは止まらなくて。

「あっ・・・あ・・・・ん・・・・はあぁ・・・・・」

そろそろとした動きから、だんだん早く腰を使っていく。
下からおっぱいをぎゅっと掴まれて、乳首を弄られる。

「やぁ・・・・あっ・・・・・んぅ・・・・」

「気持ちいい?」

「んぁ・・・・いい・・・・・キモチいぃ・・・・」

こくこく頷きながら、あなたの上にしゃがむような体勢になる。
胸に手をついて、動きを前後から上下に変えてみる。
ゆっくりと引き抜いて、ぎりぎりのところで腰をゆする。そしてまた奥まで。

「う・・・・はあ・・・・・」

あなたから漏れる吐息までいとしくて、何度も何度も繰り返す。

手を掴まれて、膝に持っていかれる。動きながら、されるがままになってると
ぐいっ、、、そのまま足を開かされた。

「やっ、やだぁ・・・・・」

「全部見えるよ。入ってるのも全部」

「やぁっ・・・・ダメ・・・・・・」

いやいやしても全然聞いてくれなくて、閉じようとする脚も押さえられたまま。
恥ずかしくて動けないでいると、下から突き上げられた。
一番深いトコにあなたのモノが当たって思わず仰け反る。

「あぁっん・・・・あ・・・・あ・・・いぁ・・・・」

「んはぁっ・・あぁ・・・・やっ・・・だめ・・・やあぁぁっ」

容赦なく繰り返される突き上げに耐えられなくて、あなたの上に倒れこむ。
それでも、動きは止まらなくて。アタシを抱きしめたまま、なお突き上げてくる。

「あむっ・・・・ん・・・んぅ・・・・・はぁ・・・・んんっ」

熱いのが打ち込まれるたびに、どうしようもなく切なくなって、あなたの唇を求める。


唾液の糸をひきながら唇を離し、でもソコは繋がったまま、あなたが起き上がる。
後ろに倒されて、今度はあなたが上になる。
カラダを半分に折りたたむようにして、窮屈な格好でまた抽送が始まる。

「あぁ・・・すご・・・・・奥、いいの・・・・キモチいいっ・・・」

「いい?・・・俺も気持ちいいよ」

ゆるゆるとした動きが急に早くなる。
何度も何度も、奥のほうに当たるたびに、縋るようにシーツをきつく掴む。

「んあぁっ・・・・だめぇ・・・・・やっ・・ああぁぁ」

「・・・はぁ・・・あぁ・・・俺も」

首を振りながら、押し寄せる快感に震えるアタシを
あなたの、全てをぶつけるような激しい動きが、もういっこ高いトコに押し上げる。

「あはっ・・・・はぁ・・・・もう・・・だ・・・・め・・・・」

「んっ・・・・う・・・・いくっ・・・」

「あ、あ、あ、んあっ・・・ああぁぁぁぁっ」

びくっ、、びくんっ、、、
ひときわ大きくカラダを震わせて、逝っちゃった。



「んはぁ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・ふぅ」

二人して荒い息を整える。
あなたが後始末をしてる間に、乱れたお布団を直して、ハダカのまま包まる。
それまでの行為で、すっかり高くなった体温。
ひんやりとした掛け布団の感触を、心地よく思いながら眠りについた。


- 終 -

Mなりの察知。のことHOME夕飯のお供にえろ話。のこと

Comment

No.784  

上になるのも好き…っとψ(..)メモメモ
寝る前には体に悪いわ、、目がギンギン(@。@)

No.785  

このアングルで下からいじめ抜いて見たいかもww

No.786  

朝に読んじゃったよーぉん(泣)

No.787  お返事(ノ´∀`*)

ひろ様
す、好きなわけではないのですーーー!!
上になると、自分の重みが気になって(爆)
ん、なんでかエロ気分は高まりますがww

eroist様
重いですけどいいですか?(笑)
上になると、いろいろ丸見えで困るのですw
それもまた、、、、なんですけどね( *´艸`)ムシュ

ひな様
えへ、えへへ。
むらむらしてもらえたら嬉しいのです☆

No.791  

写真が臨場感があってすてきです♡
妄想を掻き立てられます。むらむらっ。

No.794  お返事(ノ´∀`*)

yuki様
わーわーわーっ!!!ありがとうございます☆
一応イメージしながら写真選んだので・・・
そう言っていただけてすごい嬉しいです(´∀`*)

No.813  

エロすぎで・・・( ;∀;) カンドーシタ


興奮して(・∀・)ネレネーヨ!!(笑

No.825  お返事(ノ´∀`*)

びってる様
か、感動させちゃった・・・・(笑)
興奮してくれたら、そんな嬉しいことないっすww
今後ともよろしくです( *´艸`)ムシュ

COMMENT POST







 
 秘密にする?


Trackback

http://xxhhhxx.blog11.fc2.com/tb.php/197-8bbd188f

HOME


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。